感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

オーストラリアで孤児になってしまったコウモリの赤ちゃんがかわいい!

2018/06/29 UPDATE
 
589 views

2017年 オーストラリアでは熱波の影響でコウモリが大量に死んでしまったそうです。

連日猛暑に見舞われているオーストラリアで、熱波で脳が「過熱状態」になったコウモリたちが木々から次々と落下して命を落としている。野生動物保護当局が9日、明らかにした。

 オオコウモリはオーストラリア国内最大のコウモリで、国内法で生存が「危機的状況」な動物に指定されている脆弱(ぜいじゃく)な種だ。

 7日に記録史上最高となる45度を記録したシドニー西郊のキャンベルタウン(Campbelltown)では、暑さで脳をやられて木から落ちて死んだオオコウモリの数が数百匹にも上った。

 キャンベルタウンに集団生息するオオコウモリを管理するケイト・ライアン(Kate Ryan)氏は地元メディアに、酷暑がコウモリの脳にも影響を及ぼしていると説明した。「コウモリたちの脳が高温になりすぎて錯乱状態になってしまうのです」

 これまでに100匹以上のオオコウモリがレスキュー隊に救助されたが、地面には落下して死んだオオコウモリの死骸が散乱している。木にぶらさがったり張り付いたりしたまま死んだコウモリもいる。

そんなか、保護団体が保護した赤ちゃんがかわいい!

その影響で、残された赤ちゃんが多数。
保護している動画です。コウモリの赤ちゃんてこんなにも愛嬌あるんですね!

親がいないのは悲しいですが、回復して無事また野生に帰って欲しいですねヽ(*^^*)ノ


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード