感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

「探偵ナイトスクープ」インコの話が怖すぎる…インコが喋った驚愕の内容とは?

私は出ていきますははっきり聞こえる・・・
2019/03/02 UPDATE
 
3,910 views

探偵ナイトスクープにはネット上で話題になっている怖い回がある

毎回出演者が探偵として、ユニークな依頼者から届いたユニークな依頼に対して答えていくという大人から子供まで楽しめる長寿番組、探偵ナイトスクープ。


実はそんな探偵ナイトスクープ、長い歴史の中にはホラー映画のように怖い回がいくつかあるようです。


今回は、その中から、ネット上でも都市伝説化している「インコ」にまつわる怖い話をご紹介します!

GettyImages

迷子のインコの飼い主を探して欲しいという依頼

問題となっている回は、2012年10月26日に放送されたもので、以下のようなお便りが番組に寄せられました。

奈良県の奈良市にある職場にて、迷子になったと思われる青色のセキセイインコを保護した。当初、そのインコは全く喋ることはなく、またその周辺ではインコが逃げたという届出なども特に出されてはいなかったため、そのインコを自宅で飼おうと考えていた。

しかし、ある日突然、そのインコは「ナカタ・ピーコ(あるいはナガタ・ピーコ)」という自分の名前と思われる言葉と、「奈良市三条」という自分が飼われていた場所の住所と思われる言葉を喋り出した。しかし、奈良市には「三条」という文字が含まれる地名がいくつもあり、その飼い主を自分だけで突き止めることは難しい。

そのため、このインコの飼い主は一体誰なのか、またどこに住んでいる人なのか、このままインコの飼育を続けていると情が移ってしまうので、何とか調査して欲しい。
出典:

依頼者のもとにどこからか迷いインコがやってきたとのことです。


お便りにもあるように、奈良市に三条と付く地名は

「三条本町」「三条町」「三条大宮町」「三条川西町」「三条大路」「三条栄町」「三条添川町」「三条桧町」「三条宮前町」「三条横町」

と複数あるそうで、三条だけでは元の飼い主の住所を特定することが難しいようです。


そこで、飼い主を探すべく、たむらけんじ氏が派遣されました。

飼い主はどこへ・・・?

周辺に聞き込み調査をするも・・・
ピーコちゃんが保護されたのは依頼人の職場で、こちらも奈良市の「三条本町」。


その周辺はマンションのような大きめの建物に囲まれている、なかなかの都会のため、周辺住民への聞き込み調査は困難だとたむらさんは判断しました。


そこで、捜索範囲を奈良市三条に広げ、周辺のペットショップや動物病院に聞き込みを開始しました。


手掛かりとなるのはピーコちゃんの飼い主だと思われる「ナカタ」もしくは「ナガタ」という名前です。


しかし、ペットショップでは有力な手掛かりは無し、病院では一件それらしきカルテが見つかったのですが、インコは脱走しておらず別人ということが分かりました。


残念ながらたむらけんじ氏は調査を断念。


番組は視聴者に対して情報提供を求めるという結末になりました。


探偵ナイトスクープでは珍しい迷宮入りの回となってしまいました。


残念ながら解決に至らなかった今回の件ですが、放送後に思わぬ反響を呼ぶ事態となります!!


ピーコちゃんは住所のようなものをしゃべる場面が放送されたのですが、なんとそれ以外にも不可解な発言をしていたようなのです。


ピーコちゃんは初めはあまり話しませんでしたが、番組の終盤たむらさんに慣れてきた様子で、少しずつ住所以外の別のことも話し始めます。


彼はその様子を車内で携帯電話のカメラに収めており、その映像が放送されたのですが、どう聞こえるかについてのテロップはありませんでした。


とても聞き取りにくいのですが、視聴者はインターネットなどで協力し、解読をし始めました。


そして文字に起こすことができたのですが、これがとても不可解でさらに謎を生む事になってしまいました。


その内容がこちらです!

ピーちゃん、ごめんね…ここは異世界かも…内職してたら、急に誰もいなくなった…ピーちゃんだけでも、逃げて…電話も繋がらない…私は出て行きます…

出典:

実際の音声はこちら


みなさんには何と言っているように聞こえますか!?

なんだか怖いですね・・・


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

お洒落って...ムズイ。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード