感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

2017年に起きたNYの自爆テロ(未遂)の映像が、裁判で最近公開。これは逃げれない・・。

2018/11/08 UPDATE
 
4,512 views

  • 2017年12月、NYで男性が身につけたパイプ爆弾のようなものを爆破。

  • ニューヨーク・マンハッタン中心部にある地下鉄駅「タイムズ・スクエア」構内で、12月11日午前7時19分、男性が身につけたパイプ爆弾のようなものを爆破させ、自傷し、通勤客3人が軽傷を負う事件が起きた。容疑者は、アカイド・ウラー(27)で、バングラデシュからの移民だ。

    ニューヨークのビル・デブラシオ市長は記者会見し、「テロ攻撃の試みだ。しかし、今後、喫緊の恐れはない」として、テロ攻撃であったことを認めたが、単独犯であるとの考えを示した。 中東諸国で発生している「自爆犯」のように、体にくくりつけた爆発物を使ったテロは、アメリカ本土では初めてとなる。

  • 幸か不幸か、爆弾は一部しか爆発せず、犯人含め全員命は無事だったようです。
  • 2018年11月、犯人の裁判のためにその反抗の瞬間のビデオが公開された。

  • 米国・ニューヨークのマンハッタンの地下通路で男が自爆テロを行う一部始終が防犯カメラに収められていた。
    この爆発で近くにいた3人が軽傷を負い、男は重いやけどを負った。
    映像は男の裁判で証拠として提出されたもので、きょうメディアなどに公開された。
    出典: jcc.jp
  • これは逃げられないわ・・。気をつけようがなさそうです。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード