感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

8Kで見る日本の景色はこうなる!(PC推奨)

2018/08/21 UPDATE
 
491 views

4Kではなく、8K! 平面なのに立体に見えるくらいリアルな情景です

8Kってどれだけすごいの?

8K映像とは、横×縦の解像度が7,680×4,320画素を持つ映像のこと。この画質に対応する放送を8K放送、テレビ受像機を8Kテレビと呼ぶ。1,000を1キロ(K)と数え、横方向の解像度が約8,000なので8Kというわけだ。ちなみに、4Kは3,840×2,160で4K、フルハイビジョン(フルHD)は1,920×1,080で2Kと表せる。縦×横の画素数で比較すれば、8Kは4Kの4倍、2Kの16倍にあたる。同じ画素密度なら、8Kは2Kの16倍も広い面積の映像を、逆に面積が同じなら16倍緻密な表現ができるというわけだ。

要はHDDの4倍、最近主流の4Kの2倍の解像度。
究極の画質だと言われている。

8Kで見れなくても圧巻です!
こちらは8K+夜景+タイムラプス
まるでそこにいるかのように綺麗( ;∀;)

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード