感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

18歳が考案!太平洋のゴミを5年で50%減!?"オーシャン・クリーンアップ"とは。

2018/05/31 UPDATE
 
517 views

大量の海のゴミを50%減できる?その考案者はなんと18歳だった!

海水浴にいくとゴミが目立ったり、
ゴミに絡まって命を落とす動物などをよくTVで目にしますよね。

海にあるゴミ問題はとても深刻なのですが、

これは18歳の少年が作りだした
画期的な海のゴミ除去する方法です。

創立者のオランダ人のボイヤン・スラット氏 

出典: en.wikipedia.org

創業者のボイヤン・スラット氏。
彼は2013年 なんと当時18歳の時に
NPO”オーシャン・クリーンナップ”を設立したそうです。

彼が考案したシステムが

海流に乗って流れてくる
プラスティックのゴミを”待ち伏せして”フェンス回収するとういうもの。


プラスチックのゴミは水面3m程度の浅い水域に、ほとんどが海面3m以内浮かぶため
そこに網を設置。

魚たちは下をすり抜ける事ができるという環境にも生物たちにも優しい画期的なシステムだそうです。


彼の最終目的は 
太平洋に浮かぶゴミの50%が集中しているという
カリフォルニアとハワイの間の
"太平洋ベルト"にこのフェンスを設置する事だそうです。

若干18歳で環境のことを考え、そしてきちんと実行し、世界中にニュースになる。とても行動力のある彼には尊敬しかありませんね。
オーシャン・クリーンナップの概要。
実際の設置場面

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード