感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

【死者多数】タイで船転覆事故。体験女性が語る恐怖

2018年7月5日に起きた転覆事故。死者41人
2018/07/08 UPDATE
 
625 views

2018年7月5日に起きたプーケットでの転覆事故

タイの人気観光地プーケット(Phuket)沖で、中国人観光客らを乗せた船が転覆・沈没した事故で、地元当局は7日、これまでに41人の遺体が収容されたことを明らかにした。
タイ史上最悪規模の海難事故となった沈没の現場では、墓場と化した船内を捜索するダイバーらが、赤ちゃんを抱いたまま息絶えた母親たちが水中に浮かぶ戦慄の光景を目の当たりにしている。

「フェニックス(Phoenix)号」は5日、アンダマン海(Andaman Sea)を航行中に荒波にもまれて沈没。
死亡が確認された41人は、全員が中国人観光客だった。現在も15人が行方不明となっているが、事故発生から2日が経過しており、奇跡的な生存者発見の望みは薄れている。

日本人が巻き込まれたという情報はないようです。

▼現地の動画

体験した女性が語る恐怖

「さっき体験したことを思い出すと恐ろしくなる」とのコメントとともに小さな船が波に揺れる画像をSNSに投稿した李さんの話だ。
李さんによると、当日の日中の天候は悪くなく、シュノーケリングを予定していた李さん家族はプーケット島から12キロほど離れた島に向かったそうだ。

しかし、午後4時半ごろ島の天気は急変し、暴風雨が発生。島にいた観光客らはそれぞれの船に駆け戻り、李さんの乗る船はプーケット島に向けて出航したが、船長は当初、付近の島に避難することも考えたという。

李さんは当時の状況について「船の高さ以上の波で、船体は90度ほどの角度で揺れた」「みんなが手をつなぎ合っていて、若い人はお年寄りや子どもたちを気遣っていた」と話しており、記事は李さん一家が救命胴衣を着て身を寄せ合っていたことや、船が3時間以上かけてようやく安全な場所にたどり着いたことも報じている。


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード