感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

津波が観客を襲う瞬間が話題に!インドネシア津波で死者200人超えで被害拡大。

インドネシアで22日に発生した津波による死者は200人を超えてしまいました...
2018/12/24 UPDATE
 
1,989 views

インドネシア津波

2018年12月22日午後9時30分(日本時間11時30分)ごろ、インドネシア・ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で、最大90㎝の津波が発生しました。

津波はジャワ島西部バンテン州とスマトラ島南部南ランプン県の沿岸に相次いで到達。

インドネシアで22日夜、津波が発生し、当局によるとこれまでに少なくとも62人が死亡、584人が負傷した。
津波の原因は、クラカトア(Krakatoa)火山の噴火とみられている。当局が23日、明らかにした。

当局によると、津波の原因は新月による大潮と、クラカトア火山の噴火による海底での地滑りとみられている。ヌグロホ報道官は、同国の地質学当局が津波の原因を調査中とした上で、おそらく死者は増えるだろうと述べていた。

 アナク・クラカトア(Anak Krakatoa、クラカトアの子の意)は、ジャワ島とスマトラ(Sumatra)島を隔てるスンダ海峡に位置する小さな火山島で、1883年に起きたクラカトア火山の大噴火の半世紀後に海上に姿を現した。クラカトア火山を含め、インドネシアには127の活火山がある。(c)AFP
インドネシアのスマトラ島とジャワ島の中間の海峡に位置する火山島が21日噴火し、偶然近くを通った観光船が瞬間の撮影に成功

津波発生の原因は調査中とされながらも、新月による大潮と、アナック・クラカタウ火山の噴火による海底での地滑りとみられている。

クラカタウは活発な噴火活動を継続する火山島。航空路火山灰情報センター(VAAC)によると翌23日、クラカタウ火山は大規模に噴火し、噴煙が火口から約1万6千メートルまで上がった。
「現地では津波を引き起こすような大規模な地震が起きておらず、スンダ海峡にある火山の噴火が津波を引き起こした可能性がある」と指摘しています。
少なくとも222人が死亡、843人が負傷した。
海峡にある火山島アナククラカタウの噴火に伴って、海底で地滑りなどが起きたことが原因とみられる。
現地の日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。

「セブンティーン」のコンサート

インドネシアの人気バンド「セブンティーン」のコンサートで盛り上がる観客。
しかし、一瞬にしてステージが波にのみ込まれる衝撃シーンが話題に...

被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
そして一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

話題の商品をご紹介 (*´▽`*)

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード