感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

カブトムシの超レア個体、「雌雄型」って本当にそんなのいるんですね。

2018/12/17 UPDATE
 
550 views

「雌雄型」? カブトムシがオスもメスも混ざってしまっている超レアなカブトムシだそうです。

 倉敷市立自然史博物館は市立第一福田小学校6年の遠藤尊(たける)君(11)が飼育するカブトムシの中から、オスとメスの特徴を併せ持つ「雌雄型」が見つかったと発表した。同館によると非常に珍しい個体だといい、遠藤君は「びっくりした。珍しいからうれしかった」と話している。
遠藤君が知人から譲り受けたカブトムシの卵から約90匹が成虫になったが、今月、その中に「角が曲がっていておかしい」成虫がいることに気づいた。遠藤君ははじめ、「羽化に失敗したのかな」と思ったが、インターネットで調べた母親の智恵子さん(42)が「オスとメスが混ざった個体ではないか」と気づいた。弟の翔(かける)君(7)と3人で同博物館を訪問し、カブトムシの鑑定を頼んだ。

 当初、同博物館の昆虫担当の学芸員、奥島雄一さんは「雌雄型は非常に珍しく、話を聞いた時は半信半疑だった」という。奥島さんによる鑑定の結果、左側は体の表面につやがあり細長い脚の雄、右側は体がザラザラで太く短い脚の雌の特徴が出ていることが判明。角もいびつな形をしていることから「雌雄型」と確認した。

クワガタなど他の生物でもレアですが現れるそうです。

これはめずらしい・・・この少年、寄付したそうです。それも偉いですね。


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード