感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

2018年11月15日 ヴォジョレーヌーボ解禁!

2018/11/15 UPDATE
 
36 views

  • 2018年11月15日 ヴォジョレー解禁日です!

  • そもそもボジョレーヌーボって?

  • ブルゴーニュ地方南端に位置するボジョレー地区。ガメイ種を使用した、軽快な赤ワインです。
    "Nouveau"(ヌーヴォー)とはフランス語で"新しい"の意味。つまり、ボジョレー・ヌーヴォーはボジョレー地区でその年に収穫したブドウから造られる新酒のことです。古くは地元のブドウ農家が実りを祝うために造られていたとか。フランスワインの中で、最も熟成期間が短く、その味わいは、もぎたての果実のようにフレッシュでジューシー。ボジョレー・ヌーヴォー最大の魅力です。
  • いつも話題になる今年の出来は・・「“珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれる”」

  • 過去のフレーズ。(サントリー)

  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
    1996年「10年に1度の逸品」
    1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
    1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
    1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
    2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
    2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
    2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
    2003年「110年ぶりの当たり年」
    2004年「香りが強く中々の出来栄え」
    2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
    2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
    2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
    2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
    2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
    2010年「2009年と同等の出来」
    2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
    2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
    2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
    2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
    2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」
    2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」
    2017年「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」
  • 制作者であるボジョレワイン委員会が出した指針を、日本の企業やソムリエが拡大解釈して、このようなブレーズになっているそうです。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード