感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

ドラマーゆるキャラの『ニャンゴスター』、アンパンマンのテーマで超絶すぎる技を披露❗️

2018/07/05 UPDATE
 
1,777 views

ニャンゴスターとは

飼い猫シロ、病気のため永眠7歳没。葬儀屋での火葬後、リンゴ畑へ埋葬。
数年後、りんごの実として復活を遂げる。次第に成長しその実は地面に落下。
傷ができてしまったがすくすくと成長して行く。
記憶が曖昧だったが時間とともに徐々に戻り始め猫としての部分も現れ始める。
すべてを思い出し飼い主の元へ戻るがその容姿からはシロだと気付いてもらえず、赤い林檎の野獣と呼ばれる。
居候は出来たもののなんとかしなければと、産みの親であるリンゴの木のおじいちゃんに相談した。
「みんなを喜ばせて力を蓄え、HOLLYWOODの丘に行け。そうすれば元の姿にもどれるじゃろう」と。
入れ歯でよくわからなかったが何とか聞き取れた。
今は亡き老木を後にし渡米の方法を考え、飼い主のドラムをヒントにロックスターになれば海外を行き来できるのではと閃いた。
飼い主のドラムを見よう見まねで練習し、地元イベントに出没していく。
バンド仲間から、名前が必要だとされ伝説のドラマー『リンゴ・スター』から猫と林檎のドラマー、『にゃんごすたー』と呼ばれる。
こうしてにゃんごすたーの白猫に戻る冒険が始まる。

そんなニャンゴスター、ドラムテクが相当なもので、
イベントであんぱんのテーマを叩いたときには、
最初はしっとり、中盤からあまりに激しい演奏を披露。

「死ぬほどうまい!」
「中にXJAPANのYOSHIKI入ってない?」
「笑い死にかけた」
「あんぱんのテーマ途中から完全に聞こえなくなるくらい演奏がすごい!」

などなどのコメントが。ふなっしーに続くスターが誕生しそうです。

実力半端ないって!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード