感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

ドゥラメンテが(牡9歳)が急性大腸炎のため、昨日死亡したとJRAより発表

2021/09/01 UPDATE
 
161 views

ドゥラメンテ、急性大腸炎のため死す

2015年の二冠馬ドゥラメンテ が急性大腸炎のため、死亡したことが発表されました。

2015年に皐月賞、日本ダービーの二冠を達成してJRA賞最優秀3歳牡馬に選出され、現役引退後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬として繋養されていたドゥラメンテ(牡9歳)は、急性大腸炎のため8月31日午後7時に世を去ったという連絡があった。

種牡馬は20歳を超えても種付している馬もいますので、9歳で亡くなることは、あまりにも若すぎます。

キングカメハメハの有力な後継種牡馬だっただけに残念でならない。合掌。

2015年 日本ダービー(GⅠ)

ドゥラメンテは曾祖母ダイナカールから祖母エアグルーヴ、そして母アドマイヤグルーヴと母子3代に渡りG1制覇を果たしてきた名牝系の出身。2012年に北海道・安平町のノーザンファームでダービー馬キングカメハメハを父に生まれ、クラシックの舞台で血の威力をまざまざと見せつけた。

2歳10月のデビュー戦を出遅れて落としたドゥラメンテだが、1か月後の2戦目を6馬身差で勝ち上がると、ひと息入れて3歳初戦のセントポーリア賞も5馬身差で圧勝。クラシック戦線に前進する。次戦の共同通信杯では内を巧みに立ち回ったリアルスティールとの追いくらべに惜敗するも、賞金加算に成功して皐月賞のゲートにたどり着いた。

皐月賞では弥生賞勝ちの無敗馬サトノクラウン、そしてリアルスティールに続く3番人気と初めて1番人気を譲るも、レースは後方から進んだドゥラメンテの独壇場と化す。2番枠のドゥラメンテは外に出せないまま馬群の中を進出し、最終コーナーでわずかに開いたスペースから大きく外へ。姿勢を立て直すと一気にギアを上げ、先に抜け出したリアルスティールを鮮やかに差し切って母子4代でのG1制覇を果たした。最終コーナーで大外へと斜行して鞍上が騎乗停止処分を受けたものの、どの馬が勝者にふさわしいかは明白だった。

圧倒的な勝ちっぷりにより1番人気を取り返したドゥラメンテは、ダービーでも中団追走から直線の坂で早くも先頭に立ち、そのまま押し切る完勝でクラシック二冠を達成。キングカメハメハ産駒として初の父子制覇を果たすとともに、走破時計の2分23秒2も父のレースレコードを11年ぶりに更新した。しかし、翌月に両前脚の骨折が判明。翌春まで治療に専念することになり、三冠の夢は果たせなかった。

明けて4歳の2月、ドゥラメンテは中山記念で戦列に復帰すると、9か月ぶりの実戦ながら課題の折り合いもつき、残り200mから抜け出し最後は2着馬にクビ差まで詰め寄られたものの着差以上の完勝。改めて二冠馬の実力をアピールしたが、結果的にこれが現役最後の勝利となる。

次戦のドバイシーマクラシックでは発走直前に右前脚の蹄鉄がはずれ、テンションが高く再装着不能の大きなハンデを背負って2着に敗れた。帰国初戦の宝塚記念でもマリアライトを捕らえ切れずにクビ差で惜敗。その後に靭帯と腱の損傷が見つかり、志半ばでの引退と種牡馬入りが決まった。
出典: jra-van.jp

皆の反応まとめ


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

止まない雨は無い。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード