感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

世界一短い航空路線。それは島同士を結ぶ2.2kmの約2分のフライトでした。

2019/03/21 UPDATE
 
332 views

羽田から自分の家よりはるかに近い!? 世界一短いフライトに乗ってみたい!!

GettyImages

あー、通勤だるい。家から飛行機で行ってみたい・・。そんな妄想を一度はしたことがあるのでは無いでしょうか。

一番短いフライトはここにあった!!

スコットランド(Scotland)の北東にあるオークニー諸島(Orkney Islands)のウェストレー(Westray)島とパパウェストレー(Papa Westray)島を結ぶ航路の飛行距離は2.7キロ。世界最短の定期航空路線としてギネス世界記録(Guinness World Record)に認定されている。

 ブリテン・ノーマン(Britten Norman)社製の8人乗りの飛行機「アイランダー(Islander)」による公式の飛行時間は2分だが、風向きが良ければ47秒まで短くなる。オークニー諸島の最大の町カークウォール(Kirkwall)や他の島々を結ぶ航空路線として、1967年にスコットランドの航空会社ローガンエアー(Loganair)が運航を開始した。

写真でも分かる通りなんと島と島の距離は2.7キロ!!

料金は21ユーロで座席は10席程度。

もちろん移動手段としては船もあるそうですが、ここまでいく機会あればぜひ飛行機をチョイスしたいですね!!

フライトしている動画はこちら!!

こんな贅沢なフライトしてみたいですね!!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード