感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

中国当局が汚職撲滅のアピールのためスーパーマリオを無断で使用しています

2019/02/01 UPDATE
 
657 views

安定の著作権無視。公式にこんなビデオをあげてもいいと思う判断がすごいですね。

【北京共同】中国の治安・司法部門を統括する共産党中央政法委員会が31日までに、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズのキャラクターを使って法執行の取り組みをアピールする動画を短文投稿サイトに掲載した。ただ、一部の中国メディアは著作権者に無断で使用した可能性を指摘。動画を転載した最高人民法院(最高裁)はすぐに削除したという。

 動画は30日に同委員会の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」の公式アカウントに投稿された。英語で「スーパーマリオ」と書かれ、原作とそっくりなキャラクターや音楽、背景画像が使われている。

 「マリオ」が汚職に手を染めたトラ(高官)やハエ(下級官僚)を倒し、金融犯罪などを取り締まりながらゲームをクリアする内容。裁判官に扮した「マリオ」が、犯罪者に死刑判決を下す場面もある。

みんなの反応


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード