感動・笑い・驚きなど、今話題のネタをBUZZ MEDIA がお届けします。

ハロウィン2019 今年は路上飲食禁止もその効果は??

若者達が集う渋谷のハロウィン。1億円超えとも言われている税金を投与した結果は…
2019/10/31 UPDATE
 
1,581 views

テレビ朝日 渋谷ライブカメラの様子

今年は東京都渋谷区が、渋谷駅周辺の路上や公園での飲酒を条例で禁止。
去年の暴動を抑止するべく多額の税金が投与され事前対応を試みてハロウィンの日を迎えました。

それでも駅前は多くの若者らであふれ、スクランブル交差点付近は一時、身動きがとれないほどになっている模様です。

警備や啓発にも1億円を超える予算を投入!
条例の対象となるのは、若者たちが集中するスクランブル交差点からセンター街周辺。期間は25~27日と31日の午後6時~翌朝5時(27日は午前0時まで)で、民間警備員が拡声器でアナウンスして注意喚起をし、区職員が3人1組でパトロールし、飲酒している人に直接指導する。
スクランブル交差点では歩行者の信号が赤になっても渡りきれない状況が何度も続く。

指揮車からマイクで呼び掛け、通行人を誘導する警視庁の「DJポリス」もアナウンスを始め、「信号が点滅してからの横断は危険ですのでおやめください」と繰り返した。機動隊員もスクランブル交差点で笛を吹いて歩行者に早く渡るよう促すようになった。

 センター街ではタピオカミルクティー店の男性スタッフが午後3時ごろから店舗周辺のごみ拾いを開始。「すでに2袋がいっぱいになった。ビールの空き缶などが多く、路上飲酒は全く減っていないように感じる」と話した。
繁華街への流入は止まらず、午後8時過ぎには、警視庁が駅周辺の通りで車両の通行規制を開始。文化村通りや道玄坂の一部がいわゆる歩行者天国の状態になり、歩道に押し込まれていた人々が一斉に車道上に流れ込んだ。

 仮装した少女らは、「こっちのほうがいいじゃん」と楽しげ。スクランブル交差点付近では、ブロックの上に立つ若者や外国人の姿も見られるなど、興奮度が高まってきた。

 警視庁渋谷署によると、午後8時までに逮捕者は出ていないが、「身体がぶつかった」などのトラブルや、「盗撮された」といった申告が寄せられている。

2019渋谷ハロウィンに関する投稿まとめ


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。


一緒によく読まれている記事

関連する記事

お洒落って...ムズイ。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード